自分に合った英会話スクールに行こう

複数の英会話スクールに今迄通った事が有る人は、スクールに依って個性が違う事を感じると思います。独自のコンセプトを、英会話スクールが各々明確に打ち出しているので、現在ではインターネットやスマートフォンで、手軽に英会話スクールの検索が出来ます。私が英会話スクールに初めて行った、十数年以上も前の頃はインターネットが世の中にやっと普及し始めた頃で、何処のスクールが自分に向いているのかすら予想が付きませんでした。主な違いは、講師の指導内容や生徒に対しての接し方、受付の方の対応の仕方等です。

受付の人達は、勿論英語が流暢で海外に留学経験が有る人が採用されています。何故なら、生徒と外国人講師との間の橋渡し役として、ハイレベルな英語力が備わっていないと、英会話スクール自体の経営状態に関わって来るからです。受付を日本人講師がされているスクールも有りました。其処は、受付と講師に分かれているスクールと比べてアットホームな雰囲気が有り、全体的に自分に一番合っていた英会話スクールだったと、今でも懐かしく思い出されます。

日本人、外国人講師共に温かい人柄で「この人達に出会えて、良かった。」と、心底思う位の魅力溢れる人達でした。そんな先生達から教えて頂くチャンスが有った事は、後々の海外旅行に於いて大変役立つ事となりました。

普段、授業に使用する教科書意外に外国人講師の先生は、毎回必ずその人が興味を抱く様な英語に関係する物(映画のビデオテープや洋楽アルバムのCD)を教室に持参しては、少しでも英語に関心を持って貰おうと努力されている姿が此方に迄伝わって来て、「此方もその熱意に応えなければ!」と言う気持ちが込み上げて来て、日頃から海外ドラマをなるべく観る様にしたり、洋楽を聴きながら家事をしたりと、普段日本に居る生活の中で、英語に触れるチャンスを日常生活の中で作っていました。

また、時間が出来たら英会話スクールに行って英語の勉強がしたいです。

PR|ショッピングカート|童話|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com|お家の見直ししま専科|心の童話|SEOアクセスアップ相互リンク集|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|初値予想|サプリメント|貯蓄|内職 アルバイト|サプリメント|生命保険の口コミ.COM|アフィリエイト相互リンク|お小遣いNET|