中国語の留学先というのは

語学留学というのはそんなに珍しいことではないのですが基本的に英語などであれば色々と選択肢が多いです。それこそ、英語圏であればどこでもとりあえずは大丈夫といえるからです。別に貴賎があるわけではないですがクイーンズイングリッシュにどれだけ近いのか、ということが重要視されることはあります。

 

極端な話し、まったく聞き取れない、話ができないわけではないのですが英語を学んだとしてもその土地独特のイントネーションなども身につけてしまうことがあるので必ずしも綺麗な英語を身につけられるわけではない、ともいえます。そんな語学留学ですが中国語もそうした傾向が実はあります。

 

基本的な学ぶのは中国語ではあるのですが普通語と呼ばれる公用語になります。中国語もかなり地方語が多いです。日本語でいうところの訛りみたいなものであり、正確な公用語としての中国語を学びたいのであれば少なくとも都市部、できれば北京あたりにすることが無難とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です